テレビ局の入社試験を受ける

さて、ではアナウンサーになるにはどうしたら良いのでしょうか?

王道は、新卒枠で各放送局の募集条件にそった採用試験を受けることです。ただし、かなり倍率が高い狭き門。

そこで、『どうにかしてテレビ局やラジオ局に入り込めないものか・・・』と考えている方に、私の知る王道以外の局への入り込み方をご紹介します。

まず、契約という形でもよければ、契約から本採用になったアナウンサーもいます。もちろん契約のままでも生活している条件が整えば飛躍の可能性あり。

では、契約にこぎつけるためにはどうすれば良いのでしょうか?

私の場合は、NHKの契約リポーターの試験を受けたことが始まりでした。その前は、事務所に所属してテレビの仕事は運が良ければ単発で受けていましたが、3年契約という期限付きの契約枠を狙って入り込むことです。そうすれば、別な局への道がひらけたり、その経験と肩書を武器に活動できます。

NHKの契約リポーターの場合、一般公募でHPや番組の中のお知らせで知ることができますが、契約リポーターは順繰り卒業していくので、『そろそろ募集をしないと』というタイミングの局に、体当たりで問い合わせをして採用されたという人も知っています。

本気でアナウンサーになりたいと思ったら、少し地方に行くことも考えた方がいいかもしれません。地方の方がいろんな仕事を任せてもらえたりやりがいにつながることも多く、また局によっては募集をしても人が来ないと嘆いているところもあります。

ケーブルテレビやコミュニティ放送局に就職するというのも1つの考え方。

アナウンサーはしゃべるだけというイメージがあるかもしれませんが、ミニ番組を企画したりすることもありますし、もちろん原稿を書いたりもする。

そうしているうちに制作自体に興味をもって、没頭していくという人もいます。そんな方には、ケーブルテレビやコミュニティ放送など、自分たちの手で放送を作り上げているという自主制作がたくさんできるところは、やりがいにつながるかもしれません。

いずれにせよ、王道以外の道も意外と多くあるので、局のアシスタントのアルバイトをして局の情報を入手したり、関係者からの情報を集めたりなどに努めてみるといいと思います。

協力企業