声だけの現場もあり

特殊なのがCMやナレーション、駅などで流れているアナウンスなどです。

声を使う仕事に違いはないのですが、「聞きやすさ」「商品のイメージ」などが重要な要素に入ってきます。留守番電話サービスセンターへ繋ぐ機械のような声も、専門の人が話すアナウンスです。

声優のように七色の声色をもった声のタレントさんもいます。

テレビやラジオ、イベント司会などは、話ことばが基本なのに対し、このような特殊な声の使い方の現場もあります。

ただ、結果的には人に伝えるにはどんな風にしたらいいか、バリエーションの1つではあります。

協力企業