カテゴリー
自然食品レビュー

オートミールおにぎりってまずい?の噂を、お家で作って検証しました!

最近よくスーパーでも見かけるようになった健康食品のオートミール。

ネットのレシピで見つけた『オートミールおにぎり』が美味しいのかどうか、実際に試してみました!

オートミールおにぎりを試してみようと思ったきっかけ

私は以前オートミールダイエットをしたことがあります。

デトックススープにそのまま投入して食べていたのですが、正直「まずい」という感想でした。

そして最近ふと、みんなはどうやって食べているのだろう?と気になったんです。

調べてみると、沢山レシピが出てきました!

オートミールクッキーやパンなどは想像していましたが、なんと!オートミールおにぎりというのがあってびっくり‼︎

このオートミールおにぎりに、日本人ならではの熱い想いを感じたので早速試してみようと、翌日、スーパーに駆け込みました。

しかし帰宅すると、「オートミールおにぎり、せっかく作ってまずかったら嫌だなー。」「あのオートミールが本当に美味しいおにぎりになる気がしない。。。」と、その後全くやる気が起きずに2週間。笑

すっかり重たくなってしまった腰を上げてようやく作りました。

3種類作ってみたのでレシピと感想をお伝えします。

1、和風の塩昆布と枝豆のおにぎり

材料(1個分)

オートミール(ロールドオーツ) 50g

水 50ml

枝豆(冷凍) お好みで

塩昆布 5g(大さじ1程)

塩 少々

作り方

  1. 枝豆は1度洗って、自然解凍しておきます。耐熱皿にオートミールと水を加え混ぜ合わせます。
  2. その上に枝豆を乗せて、600Wでラップなしで1分加熱します。
  3. 加熱がおわったら、塩昆布も入れて全体的に混ぜます。
  4. ラップや手の平に塩をつけて、おにぎりを握って完成です。

ポイント

塩昆布をしっかり混ぜて塩味をしっかりつけると美味しく仕上がります。

感想

所要時間はレンジ含めても5分ほどでとっても簡単でした。

ちょっと枝豆を多く入れすぎたので、豆感強めでしたが美味しかったです。

ポイントにも書きましたが、塩昆布の塩味が勝負になりそうです。

子どもが横からパクパク食べていて意外と好評でした。

結論:美味しい。

参考:楽天レシピ ID:1970021814

2、梅しそとごまのさっぱり系おにぎり

材料(1個分)

オートミール 50g

水 50ml

梅しそ お好み

牛肉だしか鶏ガラスープの素 少々

ごま油 少々

ごま 少々

作り方

  1. 耐熱皿にオートミールと水を加え混ぜ合わせます。
  2. 600Wでラップなしで1分加熱します。その後梅しそを加え、混ぜ合わせます。
  3. 牛肉だしや鶏ガラスープの素、ごま油とごまを加えて混ぜます。
  4. お好みの大きさに握って出来上がり!

ポイント

ごま油を加えて和風の香りを楽しんでください!

感想

今回の梅しそは私の祖母がつけた梅干しに入っていたものを使用しました。

梅しそがなければ梅肉と大葉の組み合わせでもとっても美味しくできると思います。

結論:美味しい。

参考:楽天レシピ ID:134002899

味噌おにぎり

材料(1人分)

オートミール 50グラム

水 50ml

ごま油 大さじ1

味噌 大さじ1

砂糖 小さじ1

かつお節 お好みで

作り方

  1. 耐熱皿にオートミールと水を加え混ぜ合わせます。
  2. 600Wでラップなしで1分加熱します。
  3. ごま油と味噌と砂糖を入れてよく混ぜます。
  4. かつお節を加えて好みの大きさに握ります。

ポイント

味噌と砂糖とごま油は好みの味になるように調整してください。

感想

検索したレシピでは、こちらの調味料で味付けしたおにぎりを、フライパンで焼きおにぎりにしていたのですが、面倒でそのまま完成させました(笑)。

そのままでも美味しかったです。ひと手間加えるともっと美味しいと思います。

甘めの味噌味にしたかったので、きび砂糖を加えましたがお好みでそのまま味噌も良いと思います。

結論:美味しい。

参考:楽天レシピ ID:1960011172

感想とまとめ

  • オートミールおにぎりは一手間で美味しくなる
  • 「まずい」の噂は、オートミールに何も加えずにそのままおにぎりにしたのかも
  • でも、毎日食べたいと思えるほどではない。笑

おにぎりはひとつで結構お腹いっぱいになります。

計画性のない私は、一度に3種類を作ってしまったので子どもと一緒になんとか美味しく食べ切ることができました。

手順はこんなに簡単なのに、全然やる気が出なかったオートミールおにぎり。

いざ始めてみると、電子レンジで美味しく簡単にできたので良かったです。

所要時間はどれもレンチン時間を含めて5分程度でした。

それぞれのおにぎりは美味しかったのですが、調味料や塩味に頼っている感じで食感はやっぱりどれもオートミール。

私個人的な意見としては、毎日食べたいとまでは思えませんでした。

炊飯器のスイッチを入れ忘れた日や主食がない日の応急処置的に、気が向いたら作ろうかな、くらいの気持ちです。

日常に取り入れるなら、もっと手軽で美味しくて、作る気になれるものを取り入れたいというのが正直な感想。

炊くだけの玄米や、白米に混ぜて炊く雑穀など美味しくて簡単なものが良い!

…ということで、私は結局GoodGoodMartの定期便に入っていたチャヤマクロビさんの雑穀や玄米を食すのでした。

カテゴリー
自然食品レビュー

日食のオートミール|オーガニックとプレミアムの違いを徹底比較!

オートミールは栄養価の高さから近年人気の食品ですが、同じような種類がありどれを選んだらいいのかわからないですよね。

日食が販売しているインスタントタイプのオートミールは2種類ありますが、パッケージも似ているので、どう違うのか店頭で迷うのではないでしょうか。

そこでこの記事では日食のオートミール2種類を徹底比較し、両者がどう違うのかを解説します。

さらに私の愛用しているオートミールについても、ご紹介します。

お気に入りのオートミールを探したい方、ぜひ最後までお読みください。

日食のオートミールの成分や原材料を比較

日食が販売しているインスタントタイプのオートミールは

  • オーガニックピュアオートミール(以下オーガニック)
  • プレミアムピュアオートミール(以下プレミアム)

です。

インスタントタイプのオートミールとは、オーツ麦をカットしフレーク状に薄くしたものです。

水などに浸して食べるのはもちろん、そのままでもおいしく食べられるタイプ。

2種類のオートミールについて、まず

  • 栄養成分
  • 原材料

の違いを比較しました。

栄養成分表示を比較

オーガニックとプレミアムの栄養成分表示(1食30gあたり)は、以下の表のとおりです。

オーガニックプレミアム
エネルギー110kcal111kcal
たんぱく質3.3g4.4g
脂質2.1g2.0g
炭水化物21.03g20.58g
糖質17.85g17.28g
食物繊維3.18g3.30g
食塩相当量0.0g0.0g
カルシウム15mg15mg
1.1mg1.4mg
ビタミンB10.08mg0.11mg
ビタミンB20.03mg0.05mg
ビタミンE0.2mg0.2mg
水溶性食物繊維1.39g1.85g
不溶性食物繊維1.79g1.45g
発酵性食物繊維(βグルカン)1.4g1.2g

栄養成分表示の差がある箇所について、優れているほうを赤字にしました。

出典:日食オーガニックピュアオートミール

https://www.nihonshokuhin.co.jp/oatmeal/organic_pure_oatmeal.html

日食プレミアムピュアオートミール

https://www.nihonshokuhin.co.jp/oatmeal/premium_pure_oatmeal.html

両者の栄養成分を比較すると、不溶性食物繊維やβグルカンが多いのはオーガニック鉄やビタミンB群が多いのはプレミアムです。

ただどの成分の差もわずかで、オーガニックとプレミアムの栄養成分は同程度と言えるでしょう。

原材料の違い

オーガニックに使われている原材料は、有機オーツ麦(有機えん麦)です。

一方プレミアムに使われているのは、オーツ麦(えん麦)と記載されています。

オーガニックに使われている有機オーツ麦は、農薬や化学肥料を使わず有機栽培されたものです。

さらに加工は、北海道の有機JAS認定を取得した工場でおこなわれています。

両者とも遺伝子組み換えのものは使われておらず、オーツ麦の産地はオーストラリア、カナダ、フィンランド、スウェーデンのものです。

農薬や化学肥料を使わず安心して食べられるオートミールを選ぶなら、オーガニックです。

オートミールを食べ比べ!そのままと浸水した状態を比較

左:オーガニック 右:プレミアム

オーガニックとプレミアムを20gずつ同一容器に出すとこんな感じ↑

並べてみると、わずかにオーガニックの色が濃く見えます

一方プレミアムは、白っぽい粒が多くあります。

オートミール1つの粒の大きさはどちらも同じです。

そのまま食べた感想は

オーガニックとプレミアムオートミールをそのまま食べた感想を、下の表にまとめました。

オーガニックプレミアム
香りわずかな芳ばしい香り無臭
噛むごとに甘みを感じるほぼ無味
食感プレミアムに比べて噛み応えがあるやわらかい

オーガニックのほうが、わずかですが香りと甘みがあり歯ごたえを感じられるので、食べ応えがあります。

そのまま食べるなら、オートミールを感じられるオーガニックのほうが私は好き。

プレミアムはやわらかくて味もほぼないので、どんな料理にも存在感が出ずに使いやすいと思います。

一晩浸水させた状態を比較

左:オーガニック 右:プレミアム

両者のオートミール20gと水20mLを同一容器に入れ、一晩浸水させました。

見た目や味などは、下の表にまとめます。

オーガニックプレミアム
茶色っぽい白っぽい
香り芳ばしい香り無臭
甘みがあるほぼ無味だが、少し酸味を感じる
食感トロトロしているわずかに食感が残るトロトロしている粉っぽさがある

水に浸すと両者の差は大きくなりました。

オーガニックのほうが香ばしい香りで、甘みがあるのでそのままでも食べやすいです。

プレミアムは無味なので、何か味付けが必要と感じました。

価格は?コスパ重視ならどっち?

日食のオートミール2つの価格を、Amazonの販売価格を参考にして比較しました。

オーガニックプレミアム
内容量330g×4袋340g×4袋
価格1,472円1,375円
1gあたりの価格1.12円1.01円

出典:Amazon オーガニックオートミール

https://www.amazon.co.jp/

Amazon プレミアムオートミール

https://www.amazon.co.jp/

オーガニックのほうは内容量が少なく価格が高いので、1gあたりの価格はプレミアムより高くなります。

栄養成分は両者とも大きく変わらないので、コスパ重視ならプレミアムです。

価格は購入するスーパーやドラッグストアによって、大きく異なります。

割引になっていたり広告の品になっていたりすると、両者の価格差は小さくなることもありますよ。

日食オートミールは、オーガニックとプレミアムどちらを選ぶべき?

日食から販売されているオートミールのオーガニックとプレミアムについて、安さ重視ならプレミアム原材料にこだわるならオーガニックです。

栄養成分・見た目・味・香りなどを比較してきましたが、どれもわずかな差でした。

オートミールをヨーグルトに混ぜたり、味付けしたりして食べることが多いなら、味の差は感じません。

プレミアムは浸水させると粉っぽさが残りますが、ヨーグルトに混ぜると特に気になりませんでした。

オーツ麦の農法を気にしてより安心できる有機栽培されたものを選ぶなら、オーガニックです。

私が愛用している「Good Good Martの有機オートミール」

私が愛用しているオートミールは、Good Good Martの有機オートミールです。

出典:Good Good Mart

https://goodgoodmart.com/shop/products/v00471

オーツ麦の粒がカットされていないロールドオーツタイプで、ザクザク感があり食べ応え抜群。

しっかり噛むので満腹感を感じやすく、少量でもお腹に溜まる感じがします。

オーツ麦の粒が割れたインスタントタイプである日食のものと比べると、浸水したときにべちょっとしないので、お米代わりにも使いやすいです。

500gで508円(1gあたり1.02円)なので、日食のプレミアムオートミールと変わりません。

有機オーツ麦を使っており安心の原材料なのに、コスパもいいですよ。

まとめ

日食から販売されている、オーガニックピュアオートミールプレミアムピュアオートミールについて比較しました。

栄養成分・見た目・味・香りなどを比較しましたが、わずかな差しかみられませんでした。

価格の安さを重視するならプレミアム原材料にこだわるならオーガニックを選んでみてください。

私が愛用しているオートミールは、Good Good Martの有機オートミールです。

有機栽培された原材料を使っているにもかかわらず、コスパがいいのでおすすめですよ。